【ご挨拶】劇団梵人

初めまして!(以下前説となるので時間がない方は改行以下をご覧ください)私たちは「劇団梵人」と申します!読み方は「ぼんど」って言います!「ぼんじん」ではありません!!ええ、確かにぼんじんの集まりではありますが…しかし!私たちはただのぼんじんではありません!!私たちの作る作品はぼんじんの、ぼんじんによる、ぼんじんの為の、ぼんじんオリンピックみたいな作品です!!これだけぼんじんぼんじん言ってるのでそろそろ気付いて頂けたら幸いなのですが、謙虚さでこんな事言ってます。本当は偉人ぐらいです。でも偉人とか言ったらハードル上がりますし、それに応じたプレッシャーもかかるので、謙虚さとうたってぼんじんとか言ってます。だからこの大阪短編学生演劇祭で優勝して、全国に行き優勝して、劇団の名前を「劇団梵人」から「劇団偉人」にしたいと思っています。はい、嘘です。「だから優勝して 」ぐらいの所は本気ですが、偉人ぐらいは嘘です。


はい、前説長くなってすみません。これが公演前の前説だったら僕はキレてます。代表の清水です。ここからはちゃんとした事を書きますので最後まで読んで頂けたら幸いです。

◯プロフィール
私たちは覇王樹座を始めとする関西学生劇団の有志で結成された演劇ユニットです。
劇団の特色として演劇でもなんでも着飾る必要は無く、着飾るほど見えにくくなる。素直さを持ちながらもいかに伝えていくかを追求しつつ、役者のキャラクターの色を尊重して作品作りに取り組んでいます。

◯公演情報
「草むしり」
脚本/演出 谷美幸(覇王樹座)

○出演者
清水慎太郎(覇王樹座)
洪一平(覇王樹座)
松下まつげ(覇王樹座)
船橋健吾(覇王樹座)
国本クイナ(学園座)
吉本一馬(学園座)
武田真悠(学窓座)

○スタッフ
音響 船橋健吾(覇王樹座)
照明 長谷川二代(覇王樹座)

◯作品のあらすじ
女の子が一本の草を引き抜いたら、たくさんの蟻が出てきた。あるきっかけでいろんなことを思う。蟻たちも私たちも何を背負っているんだろう。1匹の蝉が鳴いて落ちるくらいの短い話。私たちにとっての長い話。

◯意気込み
僕たちはみんながぼんじんです。しかしこの世には「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがあります。凡人であっても三人集まって考えれば、すばらしい知恵が出るとかなんとか。ならば、ぼんじん9人くらい集まれば3倍の知恵と面白さが出るのではないでしょうか?とにかく面白いのではないのでしょうか!?とんでもなく面白い作品を作っている自信はあります!!是非僕たちの作品「草むしり」を劇場に見に来て下さい!よろしくお願いします!!
予約フォームはこちらから!↓
http://ticket.corich.jp/apply/76072/005/

◯あとがき
twitterやってます!!僕たちの活動を見て頂けます。
@gekidan_bondo
宜しければフォローよろしくお願いします!


(劇団梵人代表 清水慎太郎)
[PR]

by students-spf | 2016-09-07 16:05 | Comments(0)
line

2017年9月23日24日@シアトリカル應典院にて開催される大阪短編学生演劇祭の公式ブログです。


by students-spf
line