スタッフ中村の突撃インタビュー!〜現逃劇場編

現逃劇場


運営スタッフの中村です。

2本目のインタビューは現逃劇場さん。宝塚北高校OB・OGにより結成されて劇団です。

作演出の藤井颯太朗さんを中心にお話を伺いました。

京都学生演劇祭で観客票1位を取り、全国学生演劇祭への出場が決まっている幻灯劇場。

その大阪支部である現逃劇場の成り立ちなど、とても興味深い話を聞くことができました。


◎劇団を作ったきっかけは?

「高校の顧問が厳しくて、内容がダメだとかで5回も上演中止にさせられた」

そんなことがあり、別に高校でやる必要はないと思い、藤井さんが高校時代に幻灯劇場を立ち上げたそうです。


そんな幻灯劇場の大阪支部、現逃劇場は今回の大阪短編学生演劇祭が旗揚げです。

藤井さんの高校の後輩が中心メンバーのようで、大阪に住んでいると京都まで稽古に来るのが大変だ、と。

そこで演出の藤井さんが大阪に行けばいいとのことで、大阪支部を作り、今回の演劇祭に参加することになったようです。



◎劇団のルーツである宝塚北高校

演劇科のある宝塚北高校に進学した理由はさまざまで、

「人と違うことがしたかったから」「演劇がしたかったから」「オープンキャンパスを見て凄かったから」などなど。

演劇の授業、というのがあるわけではなく、劇表現という授業があるそうです。

一般公開のしていない卒業公演をピッコロシアター大ホールで行うなど、特殊な取り組みが少し話題にもなったようです。



◎劇団の目指すもの

「大衆性、革新性、民族性」

みんなに受けて、自分たちにしか出来なくて、そして新しいことが出来たら。


今回上演する『生け贄』という作品も、

わかりやすいことをしている、かつ、話している言葉とは別のテーマが見えてくる。

そんな作品だそうです。

演劇を観たことがない人にはコントとして楽しんでもらえる。

演劇をよく観る人にはそこからテーマを見いだしたり、解釈をしたり、そんな楽しみ方も出来る。


いわゆる実験演劇的なものを感じさせる作風ではありませんが、そこには確かに演劇と真摯に向き合うまなざしを感じました。


大阪での第一歩、ぜひ目撃してください。


[PR]

by students-spf | 2016-09-14 21:01 | 制作者 | Comments(0)
line

2017年9月23日24日@シアトリカル應典院にて開催される大阪短編学生演劇祭の公式ブログです。


by students-spf
line