スタッフ中村の突撃インタビュー!〜劇団カマセナイ編

運営スタッフの中村です。
3本目のインタビューは劇団カマセナイさん。
作・演出の小野さんにお話を伺いました。
小野さんは高校時代にハイスクールOMS戯曲賞で優秀賞を受賞するなどの経歴がありますが、卒業してから公演をするのは初めて。
その一歩、また、これからの展望についても熱く語ってくれました。

◎高校時代の同期と結成
カマセナイのメンバーは清教学園高校演劇部のOB・OGである4人。
この演劇祭に出るにあたって、高校の同期に声をかけたそうです。
先輩たちは関西にいない、後輩はまだ高校生、といった中でなんとか手の届く4人の同期で挑むことに。

ちなみにカマセナイという劇団名は「噛ませ犬」の音がカッコいいな、カタカナの方がカッコいいな、というところから、いつのまにか「カマセナイ」になっていたようです。

◎1人の作家として
「また違った作風のものも書いてみたい」
中学演劇部の時に他に書く人がいなかったからと書き始めた脚本。
高校時代も書き続け、大学に入って今回のために書き、時は経っても彼女の書くテーマは変わらない。
生と死について。よく使われるテーマですが、ずっと変わらずに向き合い続けているそうです。
今後は笑って楽しめるエンタメも書いてみたい、という気持ちもあるようです。

卒業後は先生になることも視野に入れており、演劇部の顧問でもそうでなくても、演劇をやりたい高校生のサポートをしたいと考えているとか。

◎今回の作品、そしてこれから
もともとは高校生の頃に書いていた作品で、学校の事情により上演出来なかったとのこと。
今回はその作品を、改めて大学生になった自分たちに寄り添って書き直したそうです。

劇団としてはこれからも活動を続けて行きたい。
小劇場で公演をするのは初めてで慣れないこともありながら、精一杯の力を出して挑む。
「他の団体が凄そうで……」と言いながらも負けん気の強い小野さん。

プロの作家にその筆力を認められた彼女の小さな、しかし確かな一歩を、ぜひご覧になってください。

[PR]

# by students-spf | 2016-09-15 22:45 | 制作者 | Comments(0)

スタッフ中村の突撃インタビュー!〜現逃劇場編

現逃劇場


運営スタッフの中村です。

2本目のインタビューは現逃劇場さん。宝塚北高校OB・OGにより結成されて劇団です。

作演出の藤井颯太朗さんを中心にお話を伺いました。

京都学生演劇祭で観客票1位を取り、全国学生演劇祭への出場が決まっている幻灯劇場。

その大阪支部である現逃劇場の成り立ちなど、とても興味深い話を聞くことができました。


◎劇団を作ったきっかけは?

「高校の顧問が厳しくて、内容がダメだとかで5回も上演中止にさせられた」

そんなことがあり、別に高校でやる必要はないと思い、藤井さんが高校時代に幻灯劇場を立ち上げたそうです。


そんな幻灯劇場の大阪支部、現逃劇場は今回の大阪短編学生演劇祭が旗揚げです。

藤井さんの高校の後輩が中心メンバーのようで、大阪に住んでいると京都まで稽古に来るのが大変だ、と。

そこで演出の藤井さんが大阪に行けばいいとのことで、大阪支部を作り、今回の演劇祭に参加することになったようです。



◎劇団のルーツである宝塚北高校

演劇科のある宝塚北高校に進学した理由はさまざまで、

「人と違うことがしたかったから」「演劇がしたかったから」「オープンキャンパスを見て凄かったから」などなど。

演劇の授業、というのがあるわけではなく、劇表現という授業があるそうです。

一般公開のしていない卒業公演をピッコロシアター大ホールで行うなど、特殊な取り組みが少し話題にもなったようです。



◎劇団の目指すもの

「大衆性、革新性、民族性」

みんなに受けて、自分たちにしか出来なくて、そして新しいことが出来たら。


今回上演する『生け贄』という作品も、

わかりやすいことをしている、かつ、話している言葉とは別のテーマが見えてくる。

そんな作品だそうです。

演劇を観たことがない人にはコントとして楽しんでもらえる。

演劇をよく観る人にはそこからテーマを見いだしたり、解釈をしたり、そんな楽しみ方も出来る。


いわゆる実験演劇的なものを感じさせる作風ではありませんが、そこには確かに演劇と真摯に向き合うまなざしを感じました。


大阪での第一歩、ぜひ目撃してください。


[PR]

# by students-spf | 2016-09-14 21:01 | 制作者 | Comments(0)

スタッフ中村の突撃インタビュー!〜精華高校演劇部編

運営スタッフの中村です。
本日13日より劇場入りです。
舞台仕込みの合間を縫って、精華高校演劇部の部長の赤松さんと、劇作家のオノマリコさんに少しお話を伺ってみました。
精華高校演劇部は昨年の第二回大阪短編学生演劇祭にも出場していました。
大学生ばかりの演劇祭に高校の演劇部が挑む、その心意気は……?

◎今回の作品はどういうもの?
精華高校演劇部は現在19人で活動しているそうですが、今回は2人芝居での挑戦とのこと。
稽古場ではみんなで2人の稽古を見守り、時にはキャストを変えてやってみたり、顧問の先生が忙しい中でも部員全員が力を合わせて作っているようです。

昨年の『恋するヨウカイ』は実話をもとにしていて高校生らしさも感じさせる作品でした。
それに対して今回上演する『Compassion』という作品は、大人っぽい、そんな印象の作品。どちらも関東の劇作家であるオノマリコさんの作品です。
顧問の先生が選んできた作品ながら、スタッフも台本にびっしりと解釈や意図を書き込んでいるなど、しっかりとこの本に向き合って作っていることが伺えます。
その真面目な取り組みっぷりに、オノマさんも感心していました。

◎この大阪短編学生演劇祭に出るにあたっての意気込み
「もちろん勝つ気で!」
昨年は他団体が30分の上演時間でやっている中、特別出演という形で60分の上演でした。なので、全国学生演劇祭へ推薦される権利はありませんでした。
しかし今回は他団体と同じ条件での出場。もちろん全国は視野に入れての挑戦だそうです。

◎オノマさんからのメッセージ
「3年生は卒業したくないとばかり言っているけど、これからの人生は長いから、高校を最高の場所だと考えないで」
それに対して部長の赤松さんは、
「高校は卒業したいけど部活は引退したくない」とのこと。
まるで去年の作品『恋するヨウカイ』状態だと盛り上がりました。
彼ら彼女らが社会に出た時に、それ『Compassion』状態だ、なんてことにもなるのでしょうか。

そんな風になるお話なのかどうか、確かめに来てください。

[PR]

# by students-spf | 2016-09-13 21:51 | 制作者 | Comments(0)

【ご挨拶】現逃劇場

初めまして、現逃劇場です。
私たちは宝塚北高校のOGで結成されました。今は10人程で活動してます。今回の大阪短編演劇祭が旗揚げ公演になります。作品は生贄っていう、考えさせられる題名ですが、面白いコントみたいな作品です。ぜひ劇場で声上げて、大笑いしてください。劇団員募集中ですので、一緒に演劇したいって方はぜひ一緒に作りましょう!
[PR]

# by students-spf | 2016-09-08 12:38 | 参加団体 | Comments(0)

【ご挨拶】劇団日曜座

はじめまして!
今回、短編演劇祭に出場させていただきます、劇団日曜座です!
普段は変なお芝居ばかりしております。
今回は短編ということで、普段とは違う切り口をご用意させていただきました。
今回はハートフルでちょっぴり切ないおもひで喜劇です。

今回はちょっぴりス○ー・ウォーズが隠し味。
スパイス、ピリリと効いてます。
誰だって、いつだって、子供にかえれます。
皆がバカだった頃にかえれます。
いつでも劇場に遊びに来てください※

※上演は9月の17日、18日なので、本当にいつでも遊びに来られると困ります。
[PR]

# by students-spf | 2016-09-07 16:06 | 参加団体 | Comments(0)
line

2016年9月17日18日(予定)に開催される大阪短編学生演劇祭の公式ブログです。


by students-spf
line